「シフト制」の業務についてです。

「シフト制」のある仕事についてです。

シフトの仕事に関する話です。毎週、一定の曜日に働ける人を募集する求人をよく見ますが、もし、応募しようと思っているならシフトの提出方法、休む方法については、面接の際にチェックしておきましょう。それはなぜかというと、私は以前産休で抜けた人の助っ人として、正社員の仕事をはじめたのですが、そこでは、「土曜、日曜」固定のシフトで、新入社員の私以外だれも出てくれませんでした。前にいた女性が「土日」に必ず出勤することができたので、私自身も同じような人として扱われてしまいました。実際「土日」に冠婚葬祭が入った場合、シフトを変えてもらう必要があり、職場の先輩たちに私の代わりに出勤してもらえるように、と私からお願いしなくてはいけませんでした。給料も立場も同等なのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。思い返してみると本当によく我慢してやってこれたと思います。

転職によって仕事先を新しく替えるということは、自身に見合っ・・

転職することで仕事先を新しく替えるということは、自分自身に適する理想に近い場所を選んだほうが好ましいということです。職場を変えれば自分でも驚くほどの適職に出会えるかもしれません。しかし、プラスの面だけではなく、相応の努力やスキルがないと、転職自体がままなりません。他の言い方をすると、自身が価値ある人材になれれば、「天職」にありつく可能性も高くなる、ということです。現代は、「職業選択の自由」が社会通念上として認知されているので、転職しても偏見を持たれてしまうリスクもありません。人の流動性が高くなりつつある現代は「価値ある人材が欲しい」と感じている企業も増えているため、この好機に乗じて転職されるのも良いかもしれません。