あなたが転職活動中に、気になった求人(あるいは業界・・

転職活動の際に、気になった求人(業界)を見るたびに…

今後転職活動をするのなら、良いと思う求人(または職種)を見付けるたびに絶対「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネットで検索し目を通しておくべきです。求人票や転職サイトの担当者から入ってくる言葉からは、まずその業界のマイナス部分について知ることはできません。仮にブラック案件が蔓延している業界であれば、簡易的なインターネット検索によっていとも簡単に本来の姿を理解できるでしょう。そうした手間を惜しんで会社に入ると、直後に落胆してしまうおそれがあります。そもそも求人が出されていた理由が「業務内容が厳しく、人が辞めて穴が開く」ということも少なくないため、気になる案件・業種については、注意したほうが賢明です。

詐欺|転職をスムーズに行いたい場合、然るべき準備はしなければなりません。

転職活動では、準備は必須です。準備といってもたくさんあるのですが、そんな中でも身だしなみ、に含まれる服装は気になっても仕方がないと思います。しかし、ここ最近の、面接については、形式ばらない服装がOKな企業も多いので、「面接はスーツでなくては」と考えて赴く必要がない場合もあります。とくに会社の設立したての新規の会社などは、厳格なルールもないことが多く、私服で面接の場に行ったほうが、相手に好印象を与えられます。加えて、堅いイメージを与えないのでフランクに会話が出来るのも魅力です。さらに私服であれば、面接時に、ファッションについて、相手との話が広がる可能性もあります。ですから、面接担当者へのアピールにもなります。というワケで、今から転職にトライするなら「設立した年」で選択し、(ベンチャー系企業の)面接の際は正装はせずに私服で勝負してみるのもアリかもしれません。