このように今の時代の企業の労働背景の変移に当たって、働きざかりの世代の中…

このように特に昨今の労働背景が慌ただしく変わってきたこ・・

  • このように今の時代の労働環境の大きな変化において、社会人の中で若年層は敏感に感じ取って十中八九自身のキャリアアップと転職とを思案しているのでしょう。このため、サラリーマン・労働者といった層の「流動化」が年々大きくなっているので、輪をかけて今後、益々より広範囲な世代で転職について考える機会は高くなるでしょう。「流動化」の影響により、労働者の転職は当たり前になり、「終身雇用制度」が機能していた時代には、「会社を辞めて転職」は、ややネガティブに捉えられる傾向が強く、転職が思うようにいかず、困っていた人も多くありました。けれども、社会の流れが変わり現在の会社に執着する意味も必要性もあまり無くなっているように感じます。
  • 転職する場合、「派遣社員」を選択予定の方に注意してほし・・

  • 転職を、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている人に注意してもらいたいポイントがあります。なんとなく派遣と聞くとお茶出し、データの入力などの雑務、雑用等をといった業務内容をぼんやりとイメージする人がおそらくいるはずです。本音を言うと私も今の企業に入るまでは「派遣社員」の募集に応募した際にも、「電話対応がメインです」と直接説明を受けてもいたので安心しきっていました。しかし、働き始めると、「電話対応」に加え、欠員した正社員の穴埋め業務を指示されました。毎回振り回されますし、求人表だけでは、日々非常に参っています。現在は、ひたすら「契約期間が早く終わらないかな・・・」と願うばかりです。