ほんの2ヶ月まえに、転職したというのに、入ってすぐに…

詐欺|3ヶ月まえに、転職したばかりなのに、わずかしかたっていないの・・

ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、慣れもしないあいだに辞めてしまうという届を提出する人がなんとなく少なくないのです。おそらく新しい会社で勤務を始めてみたものの、「思っていた職場とけっこうギャップがあって幻滅した」「雰囲気にどうしても馴染めない」といったことで去っていくみたいです。でもこのような、転職に関しての失敗を後悔しないためには、第一に、前もっての情報集めは徹底する、に尽きます。手を抜くことなく行うべきなのです。業務におけるルール、通勤にかかる時間、などいろいろ前もってチェックしておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

転職先を探している間は、ついつい時間が有り余っているため…

転職活動中は、知らず知らずのうちに時間があるため、気が緩んでしまい、ダラケタ生活になってしまいます。しかし、そのような生活を常態化させるのはキケンです。というのは、気の緩んだ、ダラけた生活が当たり前になると、肉体的にだけでなく、「心」もだらしなくなるからです。時間がたつにつれて、働く気力がわかず、お金が回らなくなって困る未来がやってきます。そのまま、負のサイクルができてしまい、次の仕事をうまく見つけられなくなります。次の仕事を決められなくなるのは、お金を第一に考えるようになるからです。もらえるお金を最優先事項に転職先を探すことになるとやりがいを求めて転職を決意していたとしても結果はあまりいいものとは言えません。なので、お金に縛られない生活をしていく上で、ダラケタ生活は、(転職活動中には)不必要です。