もしも転職前、今勤めている会社の人たちがあなたが退職すると知ってしまうと…

転職することが、今の会社にいる人たちがあなたの転職を知る…

  • もしも転職することを、今勤めている会社の人たちがあなたの転職を知ると雰囲気が悪くなる可能性があります。今までの周囲との関係によっては、意地悪や、やっかまれる可能性など様々です。酷い場合には、残業時間を増やされる仕打ちも考えられるので、軽率に転職のことを周囲に言うのはあまり良いとは言えません。なので、上記のような状態を避けるために、今現在の職場では、いたって真面目な態度でいましょう。そうすれば、良い空気のまま心置きなく会社を去ることができます。そして、何の問題もなく円満退職に至れば、転職後にも、困ったときにアドバイスをもらえるかもしれません。どこの企業も人との縁はとても重要なので、転職前のトラブルは、できるだけ回避してください。

  • 現在のあなたの職場や仕事の中身について大半の人は、少なからず何かしらの不満を感じているでしょう。

  • 今の仕事や勤め先に関して、少なからず何かしらの不満点があるはずです。「自分の持っているスキルや、仕事上での能力をきちんと評価してくれない」だから、「報酬は平行線だし、将来的な昇進もまったく期待できない」といった内容が多くを占めると思います。しかし、そのように思う人の一部には自分自身の本当の実力を過剰評価し過ぎていないか、再確認することが不可欠です。過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「この企業や職種では、自分を活かせない」と再就職先がまったく見つからないと言う事に陥りがちです。という事態に陥りがちです。ですから転職に当たってはあなた自身のスキルや能力を客観的に見つめることが大切です。