今日はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」だけでな…

現代、ネット上では、「就職斡旋エージェント」以外に・・

近年、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ヘッドハンティング会社をよく見かけるようになりました。あなたに特許を出した経験があるなら、ヘッドハンティングの対象になる可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許権を獲得した人だけでなく、研究開発で論文を出したことのある人や、メディアで話題になった人など、何らかのインパクトを残した人を対象に、電話やメールを使ってコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと考えています。仮にあなたが、ヘッドハンティングと推測される連絡があった場合は、そうなったきっかけを考えてみましょう。そんなにはないことですが、ヘッドハンティングと称して、登録料を要求してくる会社もあるらしいですが、そのような業者はおそらくは詐欺ですから騙されないように注意しましょう。報酬を支払うのは登録している会社であり、転職希望者が支払うものではありません。

知っている人による紹介で転職先を探す人もいるでしょう。

友人や知人の紹介で転職の先を見つけている最中の人もいるでしょう。でも、そこでの労働環境や、その他の労働条件といった部分について知人からの口コミ情報を鵜呑みに判断してしまうと後々面倒なことになるかもしれません。言うまでもなく、そういう口コミというのは、客観的な要素が排除されやすく、客観性に乏しくなります。要するに紹介した人にとっては、働きやすい良い職場環境に思えても、、あなたの主観で見た場合、まったくそう思えない可能性かもしれません。またその逆も然りです。ということで、職場環境については口コミだけに頼らずに、最後は自分の決断を信じるしかありません。