仕事を始めてすぐはいきなり満足できるほどの「年間報酬」を手にできると考えないほうが良いです。

転職の意思があるのなら、いきなり満足できるほどの「年収」を手にできると考えないほうが良いです。

  • 転職先にて、いきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。中でも、入社1年目の段階では、大体「研修期間」を含んでいる企業もほとんどで、自分の事例では、労力を費やして新しい職を見つけることができたのに、それまでの職場での稼ぎと大方同じで変わりませんでした。さらに、業務は多忙を極め、とても責任が伴うもので、初年度は厳しかったです。そのような実体験をしてみると、1年目は、勉強に充てる期間と捉えておき、可能ならば転職する以前から貯蓄しておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

  • 転職活動を行う上での最後の難問として、「現在勤務している企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

  • 転職活動の最後の難問として、「今勤務している企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先がOKしても、現在勤務中の会社があなたを放出したくないとして引き留めようとするはずです。そうなってしまった場合、どうあっても退職する、という強い意思を保つことが大事でしょう。仮に引き留められて、一時的に収まったとしても、一度辞めたいと考えた会社は結局、辞めることとなります。会社の規定をチェックし、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届を作成しておきます。そのあとで、決定権のある上司と直接、話す機会を設け、この退職にはどんな交渉も受けませんと遠慮せずに伝えましょう。「円満退社」をすることも転職活動において重要な要素になってきます。