失業保険を毎月、給付してもらうには、客観的な意味で、職探しをしている姿勢を見せる必要があります。

詐欺|失業保険の給付については、求職活動をしていることを理解してもらわなければいけません。

  • 失業保険の給付については、職を探していることが必要なのです。としても、「会社を辞めたことだし、しばらくは仕事をせずにゆっくりと過ごしたい」と思うのが本音でしょう。ですので、真面目に求職活動をしているように見せる方法があるので紹介しましょう。1ヶ月おきの「ハローワーク」での面談はパスできませんが、その場で「求人票」を閲覧することを少なくともやっておきましょう。本気で探したくないときは、求人票を真剣に見ている芝居をして、ハローワーク職員との面談にて、「労働条件のいい仕事ややっていけそうに思える仕事が残念ながら見つかりませんでした」と話して、次の機会に賭けましょう。

    新しい勤め先で、それまでに培われてきたキャリア・スキルを生かせたとした・・

  • 新たな勤め先で自身の過去の資格やキャリアを最大限に活用できれば、即戦力として評価されて、早々に職場にも馴染めるようになるでしょう。人を雇おうとしている雇い主としても即戦力は常に必要なので、雇い主側が判断しても即戦力となる転職は容易だといえます。加えてこれまでの働いていた職場と同じ業務内容なら確率は十分にあります。そういっても、それなりに能力があるといっても一流企業の事務職系や公務員系(国家・地方ともに)の募集は、いつの世になっても、かなりの難関となるのは違いないでしょう。