女性が転職する場合、数年前とここ最近とでは少なからず、状況に違いがあったりします。

詐欺|女性の再就職に際して、現在と一昔前では若干の変化があるようです。

女性が転職する場合、今現在と一昔前では若干の変化があるようです。前までは面接の場で、結婚と出産についての考え方に関して、ごく一般的なこととして質問されることが珍しくありませんでした。ですが、今現在はそういった内容はセクハラと企業側が捉え、質問しない企業の方が多くなっています。そして、世間に名の知れた大企業の場合は、この手の質問を露骨に避けるようになっています。ただ、企業側としては、YES・NO、で返答するのではなく、その人が、結婚した後も働きたいのか、「出産後はすぐに復帰するのか」などを当然、把握しておきたいとは思っているはずです。自身の人生設計を知ってもらうためにも、志望動機・自己PRと並行して言い表すことで、会社側も考えがわかり、また、疑問も解消できると思うわけです。なので、たとえ、質問されていない箇所もあなたの側から配慮し、話を進めていきましょう。

私はかつていくつかの人材紹介会社に登録していたことがあります。

自分が仕事を探していた時期にかなり何社かの人材紹介会社に登録していたのですが、転職のアドバイザーの質においても本当に色々でほとんどの場合、十分だと感じる対応をしてくれない方ばっかりでした。私にとってはとても重要なことことだからもっと思い入れを込めて臨んでほしいという感情が積もり、それが引き金となりキャリアカウンセラーを目指すことになりました。キャリアカウンセラーの資格を取得できるまでには支出が増えました。それに加えて勉強面も大変ではありますが、求職中の人に信用してもらえる存在になるために頑張っています。