女性の転職に関しては、セクハラが社会的に問題になる前と今日とでは…

女性が転職する場合、数年前と今とで多少の、違ってきている点があります。

女性の再就職に際して、今現在と一昔前では多少の違いがあるようです。一昔前は面接のなかで会社側から、結婚の予定や出産後の考え方についてごく当たり前に質問されることがありました。しかし、現在の流れとしては、こういった内容は、「セクハラ」に該当しかねないために、質問をしない企業、が当たり前になりつつあります。また、名の知れた大きな会社ほど、かなり神経質になっています。そうではあるものの実際、会社側は、〇か×の2択でなく、その女性の価値観、結婚したあとどうするか、出産後の細かい予定を当然、知っておきたいとは思っているはずです。自分の将来設計を伝えるためにも、志望動機・自己PRとともに言い表すことで、相手側にも認識してもらえ、判断してもらいやすくなると思うわけです。たとえ、質問されていない内容でも、こちら側から気遣って話をしておくのが良いでしょう。

キャリアップしたいと思いたいへん多くの人材紹介会社に登録していたことがあります。

かつてたいへん多くの人材紹介会社に登録していました。その際に特に思ったのは転職のアドバイザーの質が驚くほどまちまちでその多くは不満を感じる人ばかり。私とっては大切なことなのにもっと心して臨んでほしいという感情が募って、それが引き金となってキャリアカウンセラーになりたいと思うようになりました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格取得までには支出が増えましたし資格取得のための勉強面においてもかなりきつかったのですが、求職中の人から頼みにされるキャリアカウンセラーになるために努力しています。