実際に失業保険を給付してもらうためには、求職活動をしているという証明が必要となります。

詐欺|実際に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、「就職活動」しているという証明が必要となります。

  • 現実に失業保険を給付してもらうためには、職を探していることを証明しなくてはいけません。でも、実際は「会社に行かなくて良いし、しばらくはゆっくりと過ごしたい」と考えるのが正直なところでしょう。ということで、きちんと就職活動しているとハローワークの職員に思わせる方法があるので紹介します。月に一度ハローワークに行くのは必須ですが、その場にて、「求人票」を確認することを最低限やっておきましょう。本気になって探す意思がないときには、求人票で職探しをしている芝居をして、ハローワークスタッフとの面談で、「労働条件のいい仕事や自分の属性にあう仕事や、希望していた求人が残念ながら見当たりませんでした」と相手に言い、次の機会まで待つという方法もあります。
  • 詐欺|新しい環境下でそれまでに培われてきたスキル・キャリア生かせたら・・

  • 新しい職場で、これまでに培われてきた資格やキャリアを発揮できれば、即戦力として周囲から高く評価されて、即、職場にも馴染めるはずです。雇い主側もそのような人材は常に必要なので、タイミングさえ良ければ、簡単に採用されるでしょう。しかも、かつての仕事と似たような業種であれば、転職自体、苦もなく叶えられるでしょう。とはいえ、まずまずの能力があるといっても大手の事務系、公務員(国家・地方ともに)は時代や景気に関係なくかなりの競争率だと覚悟しておきましょう。