将来的に、私たちの社会的環境において今以上に考えなくてもできる労働は…

今後徐々に単純な仕事は機械に差し替えられていき労働人口…

近い将来、私たちの労働環境において今以上に短絡的な労働は機械に交代させられていき当然の結果としてそういう仕事をする労働力はどうしても削減させられてしまいます。というのは、単純労働では、人より機械を稼働させたほうが比べられないほど強いからです。例えば、数をカウントするとか、同じ動きを繰り返したりすることは機械にとっては何の苦もありません。当たり前のことながら人と違って文句も言わない、疲れることがありません。また、横着をすることもないし、正確な作業をしてくれますし、それを均一化できます。また、給与が発生しないのも違いですね。生身の人間を使う意味が無いことが明白で、機械化が必然といえるでしょう。

在職期間中は、状況が許す限り、周囲が気づかないように…

就労であるのなら、極力悟られないよう、(私の場合)在職中に「転業するかも」という意思表示だけをはじめの時期に社内の人間に仄めかしてみました。ですが、その顎、求人サイトを探していたのですが、思いとは裏腹に転職先やタイミングも計画も立てずに決まらず時間だけが過ぎてしまいました。その傍ら、会社のほうは、退職に関わる諸々の手続き、私の退職日などが決定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず就職(できる)先を決める」という、なんともお粗末な結果になってしまいました。そして、予定は思うようにはいかず、失業期間を経て次の就業先を探す流れになりました。