就職活動において、年収はとても重要な要素です。

就職活動において、年収は極めて重要な要素です。

  • 就職活動において、年収はかなり大切な要素です。面接の時、大半の会社で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。本当の年収より多く言って、転職先の年収アップを狙うのはハッキリ言ってムダな努力です。というのは、最終的には源泉徴収を提出することになるので、一時的に騙せたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的にはウソがバレてしまうのです。ヘタをすると、トラブルに発展しかねないので、現在の会社での年収を正確に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのが正解です。ちなみに、現在の年収が300万円の人が転職後すぐに500万円となる見込みはまずあり得ません。仮に、現在が430万円の年収であれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくことをおすすめします。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、一時的に転職先に合格をもらったとしても、直後に退職しなくてはいけなくなる状況も考えられます。

    今、私は派遣で働いています。インターネットサイトの中で…

  • 今、私は派遣会社に登録をしています。ウェブサイトを見ていて何の気なしに興味を引かれる仕事を発見し問い合わせてみると「その仕事はもうすでに他の人で話が進んでいます」とお断りされてしまい一時的にサイトからも仕事情報がなくなるのですが、どういうわけか翌日になると再び載っています。これは結局は私だとよくないのだということですよね。そういうことならば変に隠さない程度に正直に言ってくれれば助かるのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。あるいはまた客寄せのための実際には存在しない仕事なのでしょうか?