就職活動に特に注意すべき募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料が高・・

転職するため職探しをする場合に気を付けたほうがよい求人・・

  • 転職するため仕事探しをする場合に特に注意が必要な求人は、そんなにきつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料がよく、拘束される時間が長めというものです。このような募集の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を入れて告知していることがたいへん多いのです。みなし残業代は、別名『みなし』とも言われ、30時間・45時間といった形で求人の記載内容に時間の併記があるはずです。これは、毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、最初から給料形態に残業代を入れておくという仕組みになります。(なお、これは違法ではありません)例えば『みなし残業代25時間込』と書いてあれば「書かれた時間分の残業代を入れた場合、この給料がもらえます」という求人になります。が、悪質な求人には告知しておくべき『みなし』を意図的に表記してないこともザラですのでよく気を付けてください。
  • 詐欺|現在では、株式・不動産投資などといった不労所得で生活費を稼いだ…

  • 今のご時世では、株・不動産投資などの不労所得のほか、独立・起業といった生き方も増えています。そういった社会的変化に伴い、「起業することは怖い」といった考えも変わりつつあります。高度経済成長時代には、株式投資・自営業よりも組織の一員として働くほうが賢明でした。そのため人生の花形として、またそれが至極当然のことのように、一般の人々に広まっていました。しかし、そんな時代は終わり、現代は「成熟期」などと言われています。将来は、機械化、自動化が進んで多くの仕事で人の手を必要としなくなる社会になる、とも言われています。