就職活動を年収抜きに考えることは不可能です。

詐欺|転職活動をしていれば、必ず「年収」の話題が上がってきます。

  • 就職活動において、カギになるのは年収です。面接の際、大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。実際の年収を上回る額をもらっていると偽り、高額な年収を獲得しようとしても、無駄でしょう。「源泉徴収票」が必要となり、一度は信じ込ませたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結果的にウソがバレてしまうのです。最悪の場合、トラブルを引き起こすこともあるので、現職での年収をハッキリと伝え、それに釣り合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。ちなみに、年収300万の人が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばほとんど無い、と見ておくべきです。今、430万円の年収であるのなら、希望額は400~450万円であると伝えておくとよいでしょう。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなって、入社できたのをその後、退職しなくてはいけなくなるおそれもあるので、注意しましょう。

  • 詐欺|派遣会社に登録して働いています。

  • 今、私は派遣会社に入っています。インターネットサイトの中でなんとなく自分に向いていそうな仕事を探し出して応募したい旨を伝えると「そのお仕事はもうすでに他の方で話が進んでいます」という答えられ瞬間的にサイトの中から仕事の情報が消滅するのですが、その翌日になるとまた情報が掲載されています。ということは結局私だとダメってことですよね。そうであるならば初めからカドが立たない程度ではっきりと伝えてくれれあありがたいのですが、なかなかそうはいかないのでしょうか。それともひょっとしてダミーのお仕事なのでしょうか?