新しい仕事についてすぐはすぐに「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。

新しい就業先ではすぐに年収に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 転職した場所では、すぐに年収に関して高望みはしないほうが無難です。一年目はほとんど「試用期間」を含んでいる企業も可能性は少なくありません。自らの転職して新たな仕事をした時は、せっかく転職したというのに、予想に反して前の会社での稼ぎとあんまり同じでした。そして、仕事はキツく、かなり責任重大な立場でもあったので、最初の一年を乗り切るのにものすごく苦労しました。そういった実体験をしたからこそ、初年度は、勉強に充てる期間と捉えておき、できるだけ転職前に貯金をしておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。
  • 転職活動をする上での最後に残る難関として、今勤めている会社の退職があります。

  • 転職活動をする際の最後の難関として、「今勤めている企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先の企業がOKしても、現在勤務している会社があなたを慰留するというのもよくあるケースです。そうなってしまった場合、何としても退職する、という強固な意思を持つことが必要です。もしも会社に残るように説得されて、残ったとしても一度辞めたいと思った会社には、結局は愛着もなくなってきます。退職をスムーズに進めるためには、最初に会社の規定に目を通し、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届をつくります。その後、決定権を持つ上司と談判し、「退職についての交渉は、すべてお断りします」と毅然とした態度で相手に伝えましょう。円満退社を目指すのも転職活動で大切な要素となります。