新卒で入社した会社を退職し、思い切って転職しました。

新卒採用で入社した会社を退職し決意を新たに転職しました。

新卒採用で入社した会社に別れを告げ、転職した経験があります。実際に行動する前は、相当に不安で悩みました。社会人となって数年してから仕事を辞めて、中途採用で働いている人ばかりであると自らの転職を通じて感じ無意識のうちに不安な気持ちが消え、楽になりました。また1度、転職をすると徐々に体が軽くなったようで、「自分のやりたいこと」を探すのが楽しくなりました。いまだに「仕事を途中でやめるなんてダメだ」というような転職を好ましく思わない意見もありますが、それが必ず正しいとは限らないと感じました。私の場合は転職を決断してよかったと心の底から思っています。

転職候補となる会社での面接での勘違いしている人が多いのです…

転職を成功させるための面接に関して、多数の人が考え違いをしているのですが良い印象を与えたいと露骨なまでの猫かぶりしていると、残念なことに不採用に直結してしまいます。そうなる前に思い切って面接時は、「残業」といったような、普通はかなり質問に躊躇してしまいそうな内容を勇気を出し尋ねておいた方が、最終的に確実にあなたのためにもなります。信じられないかもしれませんが、「入社前の段階でずけずけとそういった内容を無神経に尋ねたら、結果が落とされてしまうのでは?」と気にする人もいるかもしれませんが、ところが、意外なことに、マイナスの結果をもたらすことは結果的には少なくないようです。このような「お金」や「労働環境」に関連する内容は、誰もが聞きたい事項ではあるのに、ついつい面接で緊張していると、普通は質問できません。しかしながら、一歩踏み込む勇気があれば「ほかの人とは違うな」ということで面接担当者へのアピールとなるのです。