新卒で入社した会社を離れ、思い切って転職すると決めました。

新卒採用で入った会社に別れを告げて、悩んだ結果、転職すると決意しました。

新卒として入った会社を辞めて、勇気を出して転職しました。当初はとても悩み、不安な気持ちになりました。しかし、新卒で入った会社を数年で退職し、大半の人が中途採用で働いていることを転職活動を通して学び、無意識のうちに不安が消えて、安心しました。なにより1度、転職をすると徐々に気持ちが楽になり、「本当に自分のしたいこと」を探すのが毎日が楽しくなりました。いまだに「仕事を途中でやめるなんてダメだ」といった転職に対するマイナスイメージもありますが、それが必ず正しいのかなと感じました。私の転職活動は転職を決断して良かったです。

転職活動中の会社での採用面接での勘違いしている人が多いので…

転職時の会社の面接に関して、多数のひとが思い違いをしているのですが良い印象を与えたいと過度に猫かぶりすることは、残念ながら良い結果にはならないことがあります。そうならないためにその場を繕うのではなく面接時は、「給与」といったような、普通はかなり質問しにくい内容を思い切って訊いておくと、結果的に確実に自身のためになります。信じがたいかもしれませんが、「採用前の段階で、ずけずけとそういった内容を無神経に尋ねたら、最終選考に落とされるのではないか」と気になるかもしれませんが、けれども、かえってプラスの結果をもたらすことは結果的には可能性が高いのです。こういった「お金」や「労働環境」に関連する内容は、実際には、多くの人が知りたいと思っています。けれども、面接の場でははっきりと聞けないものです。けれど、あなたが一歩踏み込む勇気があれば「こいつは他と違う」ということで格好の自己アピールとなるのです。