最初に転職を行う場合、頭に入れておかなければいけない・・

人生ではじめて転職を行うなら、頭に入れておくべきな・・

  • はじめて転職を行う場合、気を付けるべきことはなぜ現在の仕事を辞めたいかを明確化しておくことだと断言できます。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておきましょう。そして現在の問題を解消してくれる会社を選択することとなります。既卒者の転職活動は、在学中の就職活動とは違い、働きながら就職活動を続けるので、時間の調整能力も、気力・体力も必要です。そのため明確な理由が頭にない状態で転職を試みた場合、途中で行き詰まってしまう危険があります。「どうしても転職したい!」「現状を変えたい!」という強烈な気持ちがない場合は転職活動を始めるのは、保留にしておいた方が良いです。

  • 全く経験したことがない分野などに転身したいと考えている場合には・・

  • 初挑戦となる業界などに転業したい場合には、前職で身についた力や今までの経験が生きるという訴えが必要です。そのジャンルの未経験者は未経験の分そのジャンルで働いたことがある人よりも事実、不利になりますけど、自らが保持している能力がその場でも生きるということをうまく話せれば、戦うことができることもあり得ます。したがって、経験が全くないジャンルにチャレンジするときには、その業種と自分がこれまでやってきた職務との関連を可能な限り見つけ出しましょう。