最近、ネット上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの専門業者をよく見かけるようになりました。

詐欺|近頃はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに・・

今日はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティングの専門会社も増加しています。もしもあなたが特許権を取得したことがあるなら、電話が来る可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許権を獲得した人に限らず、研究開発で論文を出した実績のある人や、マスコミで紹介された人など、何らかの実績も持つ人に狙いを定めて、電話やメールを使って接触し、ヘッドハンティングするネタにしています。もしも、あなたがヘッドハンティングと考えられる連絡を受けたなら、そうなったきっかけを考えてみてください。かなりレアなケースでは、「ヘッドハンティング」と称し、登録料を取ろうとする会社があるのですが、そのような会社は完全に嘘であるので騙されてはいけません。ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払う形になるので転職希望者がお金を出すことはまずありません。

友人や知人の紹介で転職の先を探す人もいるでしょう。

友人・知人による紹介で転職先を探すこともあるでしょう。…が、転職をした先の労働環境、労働条件といった部分について友人からの口コミ情報を過剰に信じるとあとで良くはありません。そういうわけはそういう口コミというのはその人の主観に基づいているからです。つまり紹介した人にしたらベストな職場環境に思えても、、あなた自身には、イマイチな環境だってあるのです。ですので職場環境をはじめ、気になる箇所は口コミだけで判断せず、しっかり自身の目でしっかり確認しておきましょう。