求人についての情報誌やサイトを見てみると、大部分の場合・・

求人関連の情報誌やサイトを見てみると、とうぜん普通の株式会社で・・

  • 求人関連の情報では、多くの職場では月にもらえるお金が記載されているはずです。ただしこの月収の部分を頭に入れる時には、注意して確認する事が大切です。その値だけでわかってしまわないほうが無難です。実は会社によっては、月収の内訳で「毎月15時間分の残業」を含んでいるかもしれません。そういうことは残業代の金額を含めて好条件であるかのように見せ、人材を募集しているケースも少なくないのです。また、「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。その歩合を過大に計算に織り込んでいる企業もあります。だから、このような表記された数字どおりとなる見込みがない会社には近づかないほうが良いでしょう。

  • 詐欺|政治によって変化の出始めている転職事情ですが、安倍総理による現内閣によって、…

  • 近年の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。今の安倍内閣ではアベノミクス「三本の矢」といった経済政策が矢継ぎ早に展開されています。内閣が打ち出した新たな経済政策共々日銀の金融政策と、たがいに作用しあって、財界・企業ともに新しい社会的な変化が顕在化しつつあります。そういった変化が加わったせいか、民間企業では、今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人材不足」が深刻化しています。将来的に外国人の労働者を増やして人材確保に務めていくであると現内閣は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、日本国内の転職問題も幅が広がりそうです。こういった社会的変化のなかで日本国内の雇用状況や転職状況も大きく変わっていくはずです。