派遣社員として働く人が規制緩和の後、多くなっていますが、…

派遣会社に会員登録して働く人がだんだんと増加しています。

  • 派遣会社を介して働く人が現在増える傾向にあります。派遣社員として働くつもりなら、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、どのくらいの金額(または比率)、自分に入ってくるかを可能であれば面接のときに確認しておくべきでしょう。派遣業は、労働力を欲する会社に人材を派遣し、その見返りに手数料を徴収する仕組みで運営していますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが少なくありません。50%以上支払われているのであればまだいい会社なのですが、情報開示に積極的でない業作も多く、酷いケースでは、2割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにするケースもあり得ます。面接のときにきちんと答えない会社は、なにかと不都合な点を隠そうとする特徴があるので、できることなら違う派遣会社のもとで登録すべきです。

  • 転職活動を始めるとき、様々な手段で情報を得ることが多いと思います…

  • 転職活動をするにあたっては、いろんな手段で情報を集めることが多いと思いますが、転職系の口コミサイトの利用を強くおすすめします。一時期、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたということで、運営サイト側に損害賠償請求を起こし、話題になったことがありました。辞めた社員の腹いせによってそういった内容が投稿された、と見るのが一般的ではあるものの、見方を変えると、ウソばかりの投稿だったなら、書かれた会社側が何ら気にする必要もないはずです。とはいっても、実態は『クロ』で「このままではいけないと考え、はやく火消しをしよう」という話かもしれません。「口コミサイト」も囃し立てることでアクセス数がアップするなどのメリットがあるので黙認していたりしますが、悪い内容の口コミがかなり多いということは、それだけトラブルが発生する可能性が高くなる、と思っていいでしょう。そもそも、いい会社だったらトラブルは起こりません。