現代、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」や、…

今日、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社も増えてきました。

  • 近年、ネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティングの請負をビジネスとする会社も増加しています。もしもあなたが特許権を取得したことがあるなら、連絡を受ける可能性が高くなります。彼らは、特許を取った人に加えて、研究開発で論文を発表したことのある人や、「雑誌・テレビ」などで話題になった人など何かしらの「功績」を残したと思しき人に狙いを定めて、電話・メールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと企んでいます。仮にあなたが、ヘッドハンティングの匂いがする連絡をもらったのであれば、そういったことが無かったか思い出してみましょう。極稀にヘッドハンディングを装って、登録料を要求してくる業者もあるらしいですが、おそらくはイカサマであるので引っかからないように気を付けましょう。報酬を支払うのは登録している会社であり、転職希望者がお金を払う必要などありません。
  • 詐欺|友人からの紹介によって転職の先を見つけている最中の人もいるでしょう。

  • 友人による紹介で転職先を見つけている最中の人もいるでしょう。しかし、その職場の労働環境、それから労働条件に関する情報について、知っている人からの口コミを信じすぎてしまうのは、あまり問題です。どうしても一人の個人の口コミは性質上、主観が入りすぎてしまい、客観性に乏しくなります。友人にしたら働きやすい良い職場環境に思えても、、自身の価値観に照らし合わせたときには、ストレスだらけの環境、、、という可能性もあります。その逆も然りです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミを過剰に信用しないように、しっかり自分自身の目でしっかりチェックしてみてください。