生涯初の失業保険を受ける場合、「期間内は自動的に受け取れる」と考える人が…

生まれて初めて失業保険を受ける際に、何もしなくても受け取れると思っている人・・

  • 生まれて初めて失業保険を受ける場合、「期間内は自動的に受け取れる」と考える人が大多数だが実は、受け取り続けるためには、「就職活動」をしていないと駄目で、それに加えて、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月スパンでハローワーク職員と面談をして、真面目に仕事を探していることを理解してもらえれば翌月、保険が下りる仕組みになっています。また、きちんと就職活動をしていないと思われたり、月に一度のスタッフとの面談に顔を出さないときは、情け無用で給付の一時停止の措置を取られたり、ケースによっては以降の給与資格をなくしかねないので、そうならないために充分に注意しましょう。

    何年か前までの求人情報には、募集要項の中に「性別」まで・・

  • 数年前の求人情報では、募集要項の中に「性別」が、ハッキリと記載されていました。しかし最近では、「男女雇用機会均等法」が成立したことによって、男女差別が雇用の際にあってはいけないルールとなり、募集要項のなかに「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。それでも、募集情報を出す会社は、性別関係なく等しく雇用のチャンスを与えてくれるとは限りません。なので、本当は男性必要な案件に女性が募集にやってきたり、逆に女手が欲しいのに、男性が応募してくる、というようなトラブルに悩まされる場合もちらほら。仮に、「女性が活躍できる職場です」とアピールしている場合、求めているのは女性だと捉えておいたほうが良いでしょう。