看護師でありながら転職に至る理由は、人それぞれ。色々な事情があるはずです。

詐欺|看護師の違う職に「転職しよう」と思う理由はその人それぞれです。

違う仕事に転職する理由は人によりけりです。さまざまな理由がありますが、「職場の中に付き合いづらい同僚や上司がいる」「結婚がきっかけで家事のことがいろいろとあって出産、子育て加えて家族の介護など、環境の種々の変化など、これまでのようには働き方が厳しくなってしまった」「今の給料に不満を感じている」といったような理由が解消したいために転職されるのかもしれません。環境を変えたい気持ちは分かりますが、転職を決断する前に、どうして転職をしたいとと思うに至った理由をゆっくりと現状を客観視することも大切です。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考してみる必要は大いにあるものです。そのうえで決断しておくと間違いありません。

仮にあなたが、転身を決心をしたのであれば、完全に周りの人に・・

一度あなたが、現職からの転身の思い立ったのなら、あくまで周りにはこっそりとその気持ちを教えないように首尾よく活動していき、転身先が決定していないのなら、社内の人間に気づかれないようにいつもどおり業務をこなしていくのがもっとも安全です。転職先が決まっていない間、その状態でいれば、万一転職先探しがすぐに見つからなくても、転身の予定を延長しながら、今の職をそれまで通りに継続してもトラブルにはなりません。そうではなくて、後先考えず「転職するつもりでいる」と話してしまうと、会社の人は、それに合わせた態度をとります。そして社内の人間に「辞めるつもりです」と言ってしまうと同僚からは「あの人はもうすぐ退職する」と見なされます。その後で転職したい思いが薄れ、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」と手のひらを返しても、周囲の人たちは、「一度は辞めようとした人」といった目であなたを見るので、在籍中ずっと、立場が悪くなる思いををするかもしれません。