看護師という職の人のそれ以外の職業に「転職しよう」と思う理・・

詐欺|違う仕事に転職を決断する理由は、その人によって違うはずです。

看護師でありながら他の仕事に転職の原因はその人それぞれではないでしょうか。「職場に付き合いづらい同僚や上司がいる」「結婚することで家事のことがいろいろとあって出産、子育てそれに親の介護など、いろいろな仕事環境の変化など、これまでと同じようには働き方が厳しくなってしまった」「現在の収入に大きな不満がある」など、さまざまな理由が解消したいために転職されるのかもしれません。不満があるほど、急いで行動を起こしたくなりますが、転職を実際に決断するまえに、「どうして自分は転職しなくてはいけないのか?」と、改めてリラックスしながら現在の状況を客観的に見つめ直すことも大切です。「本当に転職する意味があるのか?」と再考したうえで決断してみてください。

万一あなたが、とらばーゆの決めたのであれば、あく・・

万一あなたが、転職の決心したなら、あくまで周囲にはひそかにそれを告げずに首尾よく活動を進めていき、働いている間は可能な限り社内の人間に悟られないよう平常通りに業務をこなすのがとても良い形といえます。現職中、そのスタンスでいけば、もし仮に良い転職先を行き詰ったとしても、転職時期を延長しながら現在の仕事をそれまで通りに残っても容易にできます。そうではなくて、つい「転職するつもりでいる」としゃべってしまうと、会社の人間は、それを受けた応対をし始めます。おまけに「辞めるつもりです」と言った場合、同僚からは「あいつは退職する人」という位置づけになります。そうなってしまってから転職したい思いが薄れ、「やっぱり退職しないことにしました」となっても、周りは「一度は仕事を辞めようとした人」ということで在籍中ずっと、肩身の狭いと感じるリスクが高いです。