看護師のほかの仕事に転職の理由は一人ひとり違います。

詐欺|看護師という職の人のそれ以外の職に転職を決断する原因は、…

看護師でありながら違う職業に転職を決断する理由は、一人ひとり違います。それを見てみると看護師の転職するには「職場の中に付き合いづらい同僚や上司がいる」「結婚することで配偶者のこともあって出産・子育てさらに家族の介護など、環境の変化など、これまでのようには働き方ができなくなった」「給与体系に不満を感じている」というような問題が抱えているのかもしれません。環境を変えたい気持ちは分かりますが、転職前に、「なぜ、自分は転職する必要があるのか?」と思うに至った理由を時間を掛けて再度、現状認識をしてみることもしてみてください。「本当に転職する意味があるのか?」と再考したのち、決断してみてください。

万一現職からの転職を決心したなら、完全に一緒に働く人には…

現職からの転職の決心したなら、完全に周囲の人にはバレないように、首尾よく活動を進め、転身先が決まらないうちは、可能な限り周囲に知られないようにいつもと同じように振舞うのが良い形といえます。現職中、この状態を維持していれば、仮に条件に沿う転職先が難航したとしても、転身予定を遅らせながら、現職を残ってもトラブルにはなりません。でも軽率に、「転職するつもりでいる」と口を滑らせてしまうと、社内の人間は、それに合わせて動きます。おまけに「辞めるつもりです」と言ってしまうと周囲には「あの人はもうじき辞める」と広まります。ですがもしも、転職したい思いが冷めて、「やっぱり辞めないことにしました」となっても、周囲の人たちには、「一度は仕事を辞めようとした人」とあなたを見るので、在籍中ずっと、肩身の狭い思いををするかもしれません。