自身のスキルや資格を活かして就職活動を検討しているな…

今ある自分のスキルや資格を活用しながら再就職したいと思っているなら…

自分のスキルを活かしつつ、就職活動をするつもりなら、そのスキルがプラスになる転職しやすい業種とそのスキルが不必要な、転職が難しい業種がある事を知っておくと仕事選びに役立ちます。再就職の難易度が低めの業界では、たえず人材が不足している医療・介護業界がその最たる例です。医療・介護は、それぞれ看護師・介護士は「資格」が必須で、ハードルの高いジャンルといえます。ただし、現在「医療・介護」の仕事をしていて、諸事情によって、異業種に転職したいと考えているのなら、すこし踏みとどまった方が良いです。「医療」「介護」以外の大半の業界は、流動性は少ないもの、と理解しておきましょう。そのため、容易に考えないことが重要です。異業種への再就職をされるのであれば、「医療」「介護」のような売り手市場ではないと覚悟しておいたほうがよさそうです。

詐欺|失業時に受け取れる「失業保険」は、失業中でなければもらえませんが・・

失業者がもらえる失業保険は、失業している間もらえるが、いつまでも受け取れるワケではなく、「期間」があります。離職時までに働いていた期間に応じて違い、3ヶ月とか1年と決められるのですが、世の中にはこのような現実を全く知らない人が一定数いらっしゃいます。失業中である限りもらえると勘違いして失業保険で生活すればいいと考えて求職活動をしない人もいますが、保険はあと1ヶ月だけ、という段階で気づいてから慌てて職探しをしても条件のよいところを探すのは困難です。会社の面接官もバカでは無いので、「いつ頃失業したか」「失業から、どのくらい経つか」「その間、何をしていたか」に関してはだいたいバレると思っておくべきです。場合によっては、面接の時にその手の質問をされることもあります。返答に詰まってしまったり、バレる嘘をとっさにつくと、採用されることはまずありません。