自身のスキルを活かして転職活動する場合、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい業種…

詐欺|今あるスキルを武器に転職活動する際は、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい業…

  • 自分のスキルや資格が有利にはたらくように再就職したいと思っているなら、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界とそのスキルが不必要な、転職が難しい業界がある事を知っておいてください。再就職がむずかしくないジャンルは、たえず人材不足がいわれている「医療・介護」が代表例といえます。看護師、介護士は「資格」を必要で、資格を持っている人たちにとってはとても転職しやすい業界です。今現在、医療従事者として勤務している人が、理由あって他の業界に転職する事を考える場合、すぐに行動するのはキケンです。「医療」「介護」以外の多数の業界は、人材の流動性は現業界よりも少なく、ですから、安易に考えないことが重要です。転職を希望するなら、「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを覚悟しておきましょう。
  • 失業者に給付される失業保険は、失業中であることが給付のため必要です…

  • 失業時の助けになる「失業保険」は、失業中でない人はもらえませんが、この給付には、しっかり「期間」があります。失業時までに勤務していた期間に応じて違い、3ヶ月とか、1年と設定されるのですが、知らないで期間の制限がないと勘違いして「失業保険を給付される間は遊ぶ」という人を見かけますが、給付期間があと1か月しか残ってないと気づいてから焦って職探しをしたとしても好条件の仕事を見つけるのは困難です。転職を希望する会社の面接担当もバカではないので、「いつ失業したか?」「失業してからどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたのか?」といった箇所はだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。状況によっては、面接時に失業中の求職活動についてことごとく聞かれます。返答に詰まってしまったり、バレる嘘をとっさにつくと、まず受からないでしょう。