詐欺|今日はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」や…

最近はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」をはじ…

近頃はネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、ヘッドハンティングの専門業者もたくさんあります。あなたに特許権取得の経歴があるなら、ヘッドハンティングされることが期待できます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許権を獲得した人のほかに、研究開発で論文を発表したことのある人や、マスコミで紹介された人など、何らかの実績も持つ人に狙いを定めて、電話やメールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと画策しています。仮にあなたが、ヘッドハンティングの匂いがする連絡をもらったとしたら、心当たりを考えてみてください。かなりレアなケースでは、ヘッドハンディングと言いながら、「登録料」を請求しようとする業者がありますが、言うまでもなくサギであるので無視しておくのが無難です。報酬を支払うのは登録している会社であり、転職希望者がお金を出すことはまずありません。

人の紹介で転職の先を探すこともあるでしょう。

友人・知人からの紹介によって転職する先を見つける人もいます。それも悪いとはいわないけど転職した先の労働環境やまた労働時間などの大切な部分を知っている人の口コミを過剰に信じるとあとで問題になるかもしれません。口コミの中でも個人の口コミ情報というものはどうしても伝える側の主観が入ってしまうからです。それ故に紹介した人にとっては、今よりずっとベターな職場に思えても、、自分にとってはイマイチな環境なのかもしれません。その逆も然りです。ですので職場環境をはじめ、気になる箇所は口コミのみで判断せずに、最後は自分自身の目でしっかりチェックしてみてください。