詐欺|女性の転職は、今と数年前では少なからず、状況が変わりつつあります。

女性が転職する時、セクハラが社会的に問題になる前と今と…

女性が再就職するに当たって、数年前とここ最近とでは少し状況に違いがあったりします。以前は面接の際に会社側から、結婚と出産の予定の有無などについて、自然に女性たちに質問していました。しかし、今の社会では、そのような内容は、「セクハラ」と捉えられ、聞かれないことの、ほうが増加傾向にあります。そして、名の知れた大企業の場合は、タブーとして全面的に避ける傾向にあります。けれども実際、企業側は、〇か×で返答するのではなく、その人の考え結婚後・育休の取得が必要なのかどうかなどを当然、把握しておきたいとは思うはずです。あなたの考えを伝えるためにも、志望した動機や自己ピーアールとともに表現することで、相手方にも認識してもらえ、安心してもらえると思うわけです。たとえ、聞かれていないことでも、先にあなたの側から企業にとっては必要な情報と捉え、答えておくのが良いです。

自分が転職を考えていた時期に割と多くの人材紹介会社に登録していたのです・・

私が転職を考えていた時期にかなり何個かの人材紹介会社に登録していたことがあります。その際に思ったこと、それは転職アドバイザーのレベルに関しても多種多様でそのほとんどが不満足を感じる担当者ばかり。こちらは人生がの大事な事なのにもっと誠意を込めて向き合ってほしいという想いが募り、それが理由で自分がキャリアカウンセラーの資格を取得することにしました。キャリアカウンセラーの資格を取るのは費用も必要でしたし勉強の面に関してもとても大変でしたが、求職者から頼みの綱とされるようなキャリアカウンセラーになるべく努力しています。