詐欺|新しい企業に入りたいと転職で活動しているとき、「ほんのちょっとでもはや…

もっと良い会社がいいと転職活動をしている中の場合は「ちょっとでもはやく・・

もっと良い職場につきたいと転職活動をしている人というのは、「1日でもはやく、採用通知が手に入れたい」と思いがちです。ですが、そういう気持ちで内定通知を得たいばかりに、自分自身の能力を高く偽ったり、あるいは対称的に能力を安く見積もった行動はなるべくしないでください。大事なのは焦ってしまう気持ちを抑え、冷静かつ客観的に自分にふさわしい職場を探すことに専心しましょう。これまでの経歴を生かしつつ、加えて、今後のキャリアアップが見込める場所を賢く選択してみましょう。

再就職において、重要視されるのが「面接」なのは間違いありません。

転職をするときに重要なのがまぎれもなく「面接」になります。大半、面接では、面接官が応募者に対して転職するに至った理由や退職理由などいろいろと聞かれることになりますが、そしてほぼ100%、面接の終了間際に今度は、転職希望者から面接担当の人に不安・疑問に感じることを質問できるチャンスがやってきます。面接担当者から「何か弊社に関して疑問に感じる点はありませんかね?」と。こんな時は、緊張して質問を遠慮してしまうかもしれませんね。こんな場面に備えて、面接の前には面接官からの質問を想定し、聞きたいことをいくつか考えておきましょう。実際に働く前の段階で、何かしらの疑問点はあるはずです。ぜひ、やってみてください。