詐欺|新しい職場(転職先)では、「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。

詐欺|転職の意思があるのなら、すぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。

新しい仕事についてすぐは「年収」の高望みはしないほうが良いです。中でも、一年目は試用期間を入っている企業が少なくありません。自身の転職して新たな仕事をした時は、やっとのことで新しい職を見つけることができたのに、予想とは裏腹に年収が前職とほぼイコールでした。それに、業務は多忙を極め、たいへん責任を伴い1年目を越すのも本当に状態でした。そういった実体験から転職1年目は、仕事を覚える期間と割り切り、できるだけ転職以前の段階でお金をためておくことに尽きると思います。

転職活動を行う際の最後の難問として、「今勤務している会社をいかにして辞めるか」という問題があります。

転職活動をする際の最後にクリアしなければいけない難問として、「今の会社の退職」があげられます。転職先の会社を見つけたとしても、現在勤務中の会社が退職を引き留めようとするかもしれません。そのようなケースでは、「ゼッタイに退職する」という強い意志を貫くことが重要でしょう。引き留められて、一時的にとどまったとしても、一時辞めたいと思った会社は、最終的には関係が終わることになります。退職をスムーズに進めるためには、最初に会社の規定に目を通し、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を書いておきましょう。その後、決定権を持つ上司と相談し、退職を考え直すことは絶対にありませんと、ハッキリと伝えましょう。円満退職をすること、これも転職活動のひとつです。