詐欺|楽しい気持ちを持ちながら再就職に向けての転職活動と向き合っていけば・・

詐欺|将来に目を向け、楽しく過ごしつつ、転職活動と向き合うこと…

  • 楽しみを見出しながら再就職と向き合えば、精神的な重荷も少ないので、転職活動の間の堕落も回避できます。おまけにメンタルにも健やかな状態であれば、すぐに転職先も見つけられるはずです。一番の理想は、やはり、休職によるブランクをつくらず新しい勤め先を見付けることです。今の会社に勤務しながら、次の勤め先を見つけるのが良いと思います。それに、休職期間をなくすことで、退職後もすぐに働けます。こうしていれば、職歴にも空白期間ができることがないので、将来に響くこともありません。つまり、転職の際にマイナスの要因がなくなるということです。将来を踏まえながら、上手に転職活動を進めていきましょう。

  • 転職したケースでは、大体の場合、以前の仕事のほとんどの記憶は美化されます。

  • 職を変えた場合には、大体の場合、以前の仕事でのほとんどの記憶は美化されます。今の仕事内容が向いていないと感じたから、それをクリアするためにせっかく退職を決め、再就職を決意したはずなのに、時の流れとともにどういうわけか転職した会社よりも「前の仕事のほうが良かったかも」と思ってくるのです。極めて自然なことで、前職は日々の仕事に慣れていて、簡単に毎日の仕事もしていたのも一番の根底にあるはずです。ですが、「転職などするべきでなかった」と心底感じるほど、過去のほうが全体的な雰囲気や仕事に対してやりがいがある場合も考えられます。