詐欺|生涯初の失業保険の給付を受ける場合、給付されるのを待っているだけでいいと考えている…

生涯初の失業保険の給付を受けるケースでは、じっとしていれば給付されると考えている人・・

  • 生涯初の失業保険を受ける際に、何もしなくても受け取れると思っている人がとても多いですが、それは誤解です。実は、きちんともらい続けるためには、「就職活動」をしていることが必須で、その上、毎月1回、ハローワークに通う必要もあるんです。1ヶ月間隔で職員に求職活動の状況を報告してきちんと就職活動をしていることをわかってもらえれば次の月の給付を受けとることができるという仕組みです。仮に、きちんと就職活動に取り組んでいないという心証を与えたり、月に一度の職員との面談を欠席したときは、決まりとして給付してもらえなかったり、ときにはその後の給付資格も消失するおそれがあるのでそうならないよう十分注意しましょう。
  • かつては求人誌では、求める人材の「性別」までもれなく明記されていました。

  • 一昔前の求人誌には、募集条件の中に「性別」が、しっかりと記載されていました。しかし今では、1985年に男女雇用機会均等法が成立したことによって、雇用時、男女差別がしてはならないルールが敷かれ、応募条件内に男女の性別を記載しないようになりました。けれど、募集情報を出す側は、性別関係なく採用するかといえば、そんなことはないはずです。なので、本当は男性を希望のジャンルに女性が募集にやってきたり、逆に女手が欲しいのに、男性が来てしまい、といった感じのトラブルが多々発生しています。もしも、「女性が活躍する職場です」とアピールしている場合、希望しているのは女性だと考えたほうが確実です。