詐欺|自分のスキルや資格を武器に就職活動する際は、転職がしやすい業界…

今あるスキルを活かして就職活動を検討する場合は、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい職種・・

  • 自身のスキルや資格を活かしつつ、転職したいと思っているなら、再就職しやすい業界と、比較的、転職が難しい業界がある事を知っておくことは大切です。再就職の難易度が低めの業界では、慢性的に人材不足がいわれている「医療・介護」がその最たる例です。医療や介護では、看護師や介護士の「資格」が必須なため、容易に応募することができない事がかなり大きく影響しています。でも現在、「医療・介護」の仕事をしていて、仕事に対しての不満によって、異業種に転職したいと思っているなら、すぐに行動するのはキケンです。他の業界ではスタッフの流動性は「医療」「介護」よりも低いものと捉えておくべきです。したがって、安易に考えないことが重要です。異業種への転職を希望するなら、異業種では「医療」「介護」のような売り手市場ではないと気をつけましょう。

  • 詐欺|失業した際に給付される失業保険は、失業しているあいだ、給付条件になりますが…

  • 失業時に受け取れる「失業保険」は、失業中でなければ給付されませんが、延々と給付されるわけではありません。失業時までに働いていた期間によって変わり、90日とか120日とか設定されるのですが、なんと知らないで失業を続ける限りもらえると勘違いして「失業保険が給付される間は遊びに使う」という人を見かけますが、給付期間が終わろうというところでようやく自分の間違いを知り焦りながら就職先を見つけようとしても条件のよいところを探すのは難しいです。面接に応じる担当者もアホウではないので、いつ失業してどの程度の時間経過しているか、その間まじめに仕事を探していたかに関してはおおよその部分は相手(面接官)にバレてしまいます。もしかすると、面接担当者から失業中の求職活動について根掘り葉掘り聞かれます。返答に詰まってしまったり、バレる嘘をとっさにつくと、採用は極めて難しくなります。