詐欺|転職の予定があるのなら、「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。

転職先にて、「年収」の理想を高くしないようにしましょう。

新しい仕事に就きたいと考えているのなら、いきなり満足できるほどの「年収」を手にできると考えないほうが良いです。入社したはじめの年度は、大方「試用期間」が入っている場合が多数で、自分のときは、尽力して転職したのに、予想とは裏腹に以前の職場での年収とほぼ同額でした。おまけに、仕事内容は多忙を極め、とても責任が伴うものだったので、1年目をクリアするのに非常に骨が折れました。そうした経緯から1年目はいわば勉強の年と割り切って、可能なかぎり転職する前に貯蓄をして気持ちに余裕をもたせた方が良いと思います。

詐欺|転職活動をする上での最後に残る厄介な難問として、今勤務している会社の退職があります。

転職活動をする際の最後の難問として、「現職の退職」があげられるのではないでしょうか。転職先の企業を見つけたとしても、現在勤務している企業が退職を引き留めるというのもありがちなケースです。そうなってしまった場合、困難に負けずに退職する、という強固な信念を維持することが大切でしょう。会社に残るように説得されて、残ったとしても一度辞めたいと思った会社は、結局は辞めることになるでしょう。スムーズに退職するためには、会社の規定をチェックしておき、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を書いておきましょう。そうして、決定権のある上司と談判し、「退職に関する交渉は、一切拒否します」と正直に伝えましょう。「円満退社」で現職を終えることも転職活動で大切なポイントとなります。