詐欺|転職を行うにあたっては、まず第一にハローワークや求人雑誌の求人情報を閲覧したりして…

転職をする際は、はじめに、求人票を見たり、ネット上の公式サイトを見たりし・・

  • 転職をするとき、あらかじめ、インターネット上で求人サイトを見たりして気になる会社をチェックするでしょう。しかしながら、当該会社がサイトや求人票に情報を出す際は、コンサルタントが主導していることが少なくありません。コンサルタントはいかに、会社にとって都合の悪い情報を隠せばいいか、仮に公表するとしても遠回しな表現に徹します。その種の社長の方針や社員の感想については、そのままを信じるよりも、参考程度に聞いておいた方がいいでしょう。美辞麗句を鵜呑みにしてしまった場合、「聞いていた話とまったく違う・・・」と気が付くことになることが多いです。悪徳会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後は、文句をつけながら辞めさせないように画策しています。この手のブラック企業には気を付けましょう。

  • 詐欺|新しい仕事を探す際、インターネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)…

  • 求職活動をするとき、ネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)要するに斡旋を行う会社が存在しますが、そういった業者に登録し、運よく仕事を得ることができた場合でも、失業保険を受け取ることはできません。ハローワークを経ずに就職が決まったとしても給付対象にならないので後々、後悔しないように注意しておきましょう。これと異なり、「ハローワーク」を介して斡旋してもらった会社に就職したときは、就業のための準備費用として一時金が受け取れることになります。インターネット上の斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ斡旋を行ったことに対して企業から紹介料をもらうだけであり、失業保険の給付手続きなどはしてくれません。このようなことを知らない場合は、失業中にお金をもらえない状況になるので、気をつけておきましょう。