詐欺|転職活動をしていると、面接で間違いなく質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をしていて面接時に絶対に尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動をしていると、面接において必ず聞かれるのは志望動機と転職理由の2つです。このうち志望動機に限っては、心で思っていることをそのまま話してもOKですが、転職理由についてありのままに話すのは問題です。例をあげれば報酬に対する不満、人間関係に対する不満など、採用担当者によいイメージを持ってもらえるものではありません。もっとも、過去のマイナス事例をそのまま話す人は少ないとは思いますが、採用担当者はそのような部分に注目しがちなので、遠回しに聞き出そうとしてきます。悪いイメージを与えずに答える方法としては、現職の仕事の内容以外のことを話さないように心がけることです。そのあと、この会社に入ってこんなことを実現したい、「3年後にはーしたい」「5年後にはーしているだろう」、「こういった目標をクリアできるのは、御社がベストです」といった形で、話をすり替えてポジティブな印象を与えるのです。

  • 以前の私は、職探しは「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」で探していました。

  • 今まで私は、「転職サイト」を使うより、主に「ハローワーク」を利用していました。理由は、大手「転職サイト」は、なぜか都会を中心にした求人情報ばかり掲載してあるからです。そのため、求人情報を探す際は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。掲載される多少企業数や給料などでは、若干の見劣りがあるものの、地域に密着した企業も多くあり、安心できます。ですが、「ハローワークってなんだか古臭いイメージがある」という先入観がある人がかなり多いと思います。ですが、転職サイトとは違った求人もあるので、転職希望の方は、ハローワークに行って相談してみてください。人気の転職サイトみたいに大量の電話・メールに悩まされる心配もありません。