詐欺|転職活動をやっていると、面接のときにほぼ例外なく「志望動機」「転職理由」の2点を訊かれます。

転職活動を行っていると高い確率で聞かれるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動中に、面接時に高い確率で尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。これらのうち志望動機に限っては、思っていることをそのまま話しても差し支えないですが、これと違って転職理由について率直に伝えるのは問題です。転職理由でよくある給与が納得できないことや、人間関係に関する問題など、その手の話題をしても、あなたの好感度には繋がりません。もっとも、過去のマイナス事例をそのまま話す人は少ないとは思いますが、採用担当者はそのような部分に注目しがちなので、慎重に質問されることを覚悟しなければいけません。現職の不満を相手へ伝えないようにするには、現職の仕事の内容以外のことを話さないように心がけることです。加えて、この会社に入ってこんな貢献をしたい、「3年後にはこうしている、5年までに〇〇を叶える」、そのために御社に応募しました、と話をすり替えてポジティブな印象を与えるのです。

詐欺|今まで私は、新たな仕事を探す時は「ハローワーク」に通っていました。

前は求人情報は「転職サイト」よりも、「ハローワーク」で仕事を探していました。というのは、大きな「転職サイト」は、どうしても都心の求人情報しか掲載していないからです。であったため、転職は「ハローワーク」のみ使っていました。やっぱり、いくらか給料や労働条件で差がありますが、昔から地域密着といった点では都会以外での転職には役立ちます。しかし、「ハローワークってなんだか古臭いイメージがある」と感じている方もいるはずです。転職サイトとは違った求人もあるので、もし転職するべきか検討中の方は、ハローワークへ行って相談するもの良いかもしれません。「転職サイト」のようなこれでもかというくらいの電話・メールに悩まされる心配もありません。