詐欺|近頃はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」のほかに・・

現代、ネット上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社もたくさんあります。

  • 現代はネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社をよく見かけるようになりました。あなたに特許権取得の経験があるなら、連絡を受ける可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を取った人以外にも、研究開発で論文を出した経験がある人や、テレビ・雑誌などの「マスコミ」に出演した人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人を対象に、電話やメールを使って接触し、ヘッドハンティングのネタにしようと画策しています。万が一、あなたがヘッドハンティングと思しき連絡をもらったのであれば、思い出してみましょう。そんなにはないことですが、ヘッドハンティング名目で「登録料」を要求してくる会社があったりしますが、その手の輩は高い確率で嘘なので、相手しないのが正解です。報酬を支払うのは登録している会社であり、転職希望者がお金を出すことはまずありません。
  • 人による紹介で転職する先を見つけている最中の人もいるでしょう。

  • 知人による紹介で転職先を見つけている最中の人もいるでしょう。そうはいっても転職した先の労働環境、その他の労働条件に関する情報について、知っている人からの口コミ情報のみであまり信じすぎてしまうのは、あとでトラブルになるおそれがあります。そういうのはそういう口コミというのは、性質上、主観が入りすぎてしまい、客観性に乏しくなります。つまり友人にとっては、とてもよい職場環境に映っても、あなた自身には、ストレスだらけの環境、、、という環境があります。その逆も然りです。ですので職場環境をはじめ、気になる箇所は口コミを過剰に信用しないように、自身の決断を信じるしかありません。