転職するため仕事探しをするときに特に注意が必要な求人内容・・

就職するため職探しをするときに気を付けたほうがよい求人情報・・

  • 転職活動に注意すべき求人は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料がよく、拘束される時間が長めであるというものです。このような募集内容では、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで計算している場合がたいへん多いです。みなし残業代というのは、『みなし』とも言い、30時間、45時間といった形で求人の内容に時間の併記がされています。これは、毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、最初から給料に残業代を入れて計算しておくということです。もし『みなし残業代20時間込』と表記されていれば、「記載時間分の残業代も含めてこれだけの給料になります」というワケです。が、悪質な求人は、告知しておくべき『みなし』を表記していない場合もあるので、気をつけておきましょう。

  • 今では、株・不動産投資をはじめとした不労所得で収入を得た…

  • 今では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得のほかに個人経営 といった生き方も増えています。そのような世の中の変化もあるせいか、「会社員以外は不安定だしキケン」といった見解も過去のものとなりつつあります。1960年代ごろの高度経済成長期には先行きがみえない株式投資、個人事業といった稼ぎ方よりも組織の一員のほうが安定性にすぐれ、人が生きていくうえで正しい道として、世の中に認知されてはいました。そういった時代は終わり、今現在は「成熟期」といった名称で表現します。今後は、機械化、自動化が進んで仕事でも人がいらなくなっていく社会です。