転職するため仕事探しをする場合に特に注意が必要な求人は、…

詐欺|就職活動に注意すべき求人は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのに給料が高・・

転職活動をする場合に注意が必要な求人情報は、そこまできつそうな仕事ではないのに給料が高く、拘束される時間が長めというものです。このような求人の場合、給料に『みなし残業代』が含まれている場合がたいへん多いです。みなし残業代は、通称『みなし』とも表記し、30時間や45時間といった形で求人の記載内容に時間が併記してあります。これは、毎月この程度の残業が想定されるので、あらかじめ給料形態に残業代を入れて計算しておくというシステムです。(注意・違法ではありません)仮に『みなし残業代30時間込』という記載は「書かれた時間分の残業代を入れた場合、これだけの給料です」という話になるわけです。けれども、悪質な求人では、記載しておくべき『みなし』を意図的に表記してないことも少なくないので充分に注意を払っておきましょう。

今の時代は株式・不動産投資などの不労所得で生活費を稼いだり、…

近年では、株・不動産投資などといった不労所得、または独立・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。そういった背景もあり、「雇用されて働くこと以外は不安定だしキケン」といった見解も過去のものとなりつつあります。1960年代ごろの高度経済成長の時代には、どうなるかわからない株式投資や自営業者よりも雇用されて働くほうが手堅いとされ、人生の「花形」としてまたそれが当たり前であるかのように、社会に認知されていました。しかし、そんな時代は終わり、現代は「成熟期」などと言われています。コンピューターの進化とともに、今後は、自動化・機械化がさらに進み仕事で、人の力を不要とする時代が到来する、とも言われています。