転職するのなら、あらかじめ、求人票やパンフレット、WEBサイトな…

転職活動では、まず第一にハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはインターネット上の求人情報を見たりし・・

転職するのなら、事前に求人雑誌やウェブ上の求人情報を閲覧したりして転職希望先の会社をチェックすると思います。しかし、当該会社が情報を公開する際には、コンサルタントが主導していることが多いです。彼ら(コンサル)の多くは、会社にとって不利益となる情報を隠す特徴があります。たとえ公表したとしても遠回しな表現に徹します。そういった社長の方針や社員の感想については、馬鹿正直に信じるのではなく、半信半疑で受け止めておいた方が良いでしょう。仮に美辞麗句を信じて会社に入った場合、「こんなはずじゃない!」とあとでガッカリすることになりかねません。なお、会社側はいかにそのように素直な人間を入社させ、その後は、いろいろとイチャモンをつけて辞めさせないように画策しています。この手のことは、いわゆるブラック企業に多いです。

新しい職を探す際、ネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント・・

転職を行う際、インターネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)を利用するケースもありますが、その種のところに登録し新しい会社で働くことになった場合でも、失業保険の給付を受け取ることはできないので注意しましょう。ハローワーク以外の機関を使って就業しても給付されないので注意が必要。これに対し、ハローワークを通じて斡旋してもらって就職した場合は、就職のための準備金として、一時金を受け取ることが可能です。ネット上のエージェントは、私的機関です。彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るだけであり、失業保険の手続きについては、ビジネスの対象外となります。これを押さえておかなければ、失業中にお金がもらえないことになるので就職エージェントを利用する際は、気をつけておきましょう。