転職する企業で、すぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。

転職の意思があるのなら、「年収」の高望みはしないほうが良いです。

  • 転職先にて、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いです。転職したはじめの年は、大体試用期間が含まれることも多くあります。自身の事例では、尽力して新しい職を見つけることができたのに、なんと以前の職場での稼ぎと見たところ同じということがありました。それに、仕事は多様で忙しく、立場上責任を伴い、はじめの1年は、ひどい状態でした。そのような経験をしてみると、1年目は、仕事を学ぶ期間と割り切り、状況が許す限りやれるだけ転職前から貯蓄しておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

  • 詐欺|転職活動をする際の最後の難問として、「現在勤めている企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

  • 転職活動における最後に残る厄介な問題として、「今勤務している企業をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先の企業が決定したとしても、現在働いている会社があなたを慰留しようと説得してくる可能性もあります。そうなってしまった場合、「何が何でも退職する」という強固な信念を保つことが求められます。もしも会社に残るように説得されて、残ったとしても一時辞めたいと思った会社は、最終的には関係が終わることになります。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届を用意します。その後、決定権を持っている上司と直接話をし、「退職についての交渉は、すべてお断りします」と毅然とした態度で伝えましょう。円満退社を目指すのも転職活動の重要なポイントです。