転職する理由はその人によって違うはずです。

詐欺|看護師という職の人の違う職業に転職に至る理由は、人によりけりです。

  • ほかの職業に転職に至る原因は、その人によって違うはずです。どういう理由が多いかというと看護師の転職するには「職場に付き合いづらい同僚や上司がいる」「結婚してからライフスタイルの変化によって出産と子育ておまけに家族の介護など、変化によって今までのようには今の仕事を続けられなくなっている」「今の収入に大きな不満を感じている」など多種多様の理由が解消したいために転職されるのかもしれません。環境を変えたい気持ちは分かりますが、転職を決める前に「どうして自分は転職しなくてはいけないのか?」と、今一度冷静に、客観視してみることもやっておきましょう。「実際に転職して現状が良くなるのだろうか?」と再考してみて、決断してみましょう。
  • 詐欺|一度、転身の決断したなら、完全に同僚にはこっそりとそれを教えないよう・・

  • もし、現職からの転身の決意したのなら、完全に会社の人間にはその気持ちがばれないように、首尾よく転職活動していき、現職中はできる限り同僚に気づかれないように普通に業務をこなしていくのがとても良い形といえます。現職中、その点を自覚しておくと、万一転職先探しに見つからなくても、転身の予定を見送って今の仕事をそのままし続けてもトラブルにはなりません。そうではなくて、軽はずみに「転職するつもりでいる」と口を滑らせてしまうと、会社の人は、その言葉に合わせた対応を取るようになります。おまけに社内の人間に「辞めるつもりです」と口にしたら、周りからは「あの人はもうじき辞める」と広まります。そのような状況になってから、転職の気持ちがなくなり、「やっぱり退職しないことにしました」と手のひらを返しても、周りの人は、「一度は仕事を辞めようとした人」という目であなたを見るため、在籍中、肩身の狭い思いををするリスクがあります。