転職のための活動を行っていて面接で「志望動機」「転職理由」の2点は絶対に質問されます。

転職活動を行っていて面接のときに「志望動機」「転職理由」の2点は例外なく質問されます。

  • 転職活動を行っていると面接で「志望動機」「転職理由」の2点は必ず質問されます。これらのうち志望動機については、率直に話してもかまいませんが、これとは異なり「転職理由」を正直に話すのはオススメできません。報酬に関する不満、人間関係の問題など、採用担当者に好印象を持ってもらえるものではありません。自分が不利になることを馬鹿正直に話す人はほとんどいないと思いますが、転職先企業はその点を重要視しているため、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。加えて、「入社後、〇〇をしていくつもりです」、「3年後にはーしたい」「5年後にはーしているだろう」、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形でうまく話をすり替えましょう。

  • 詐欺|以前は、転職サイトを利用するよりも、いつも「ハローワーク」で探していました。

  • 今までは、新たな仕事を探す時はいつも「ハローワーク」を利用していました。というのもCMで有名な大手の転職サイトは、構造上、都心部にある企業の求人しかないからです。なので、転職をする際は、「ハローワーク」ばかり使用していました。もちろん、掲載されるいくらか給料などの労働条件も若干見劣りはしますが、地域に密着した企業も多くあり、とても信頼性が高いです。しかし、「ハローワークを利用したことがないから不安」と誤解している人もいるはずです。思いのほか、大手の転職サイトにはない求人が見つかるかもしれないので、もし転職を予定しているのなら、ハローワークに1度は行ってみるのも良いと思います。大手転職サイトのような多くの電話やメールが繰り返し来ることもありません。