転職のための活動を行っていて面接において「志望動機」「転職理由」の2点は絶対に質問されます。

転職活動をやっていると、例外なく質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動をしている際に、面接で例外なく質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。これらのうち志望動機に限っては、心で思っていることをそのまま話しても問題ありませんが、これと違って転職理由について隠さずに伝えるのは問題です。転職理由でよくある給料の不満、同僚・上司との人間関係など、聞き手があなたに良い印象を持ってくれる可能性は少ないです。おそらく、過去のトラブルをそのまま話する人はいないとは思いますが、採用担当者はそのような部分を注視しやすいので、遠回しに聞き出そうとしてきます。これに対して不満を言うのを回避する方法として、現職の仕事内容から脱線する箇所には一切触れないことです。そして、「入社後、〇〇をしていくつもりです」、「5年後にはこうなっているだろう」、「こういった希望を叶えられるのは御社だけです」、といったようなうまく話をすり替えましょう。
  • 以前は、「転職サイト」に頼るより主に「ハローワーク」を利用していました。

  • これまで私は、「転職サイト」を活用するより、「ハローワーク」で探していました。理由は、大きな「転職サイト」は、構造上、都心部にある企業の求人しかないからです。なので、転職するときには「ハローワーク」しか利用していません。もちろん、掲載されている多少知名度は低くなってしまいますが、古くから地域密着という点では都会以外での転職には役立ちます。また、「ハローワークってなんだか古臭いイメージがある」というイメージがある人もいるはずです。思いのほか、大手の転職サイトにはない求人が見つかるかもしれないので、近いうちに転職を考えている人はお近くのハローワークに行って相談するもの良いかもしれません。「転職サイト」を利用した時みたいなこれでもかというくらいのお知らせやメールが送られてくることもありません。