転職のため職探しをするときに気を付けたほうがよい求人内容は…

就職するため職探しをする場合に特に注意したほうがよい求人の募集内容・・

就職のため仕事探しをする場合に特に注意すべき求人の募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料がよく、拘束される時間が長めというものです。このような求人の場合、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれていることがたいへん多いのです。みなし残業代というのは、別名『みなし』とも言われ、例えばですが、30時間とか45時間という風に求人の内容に時間が書いてあります。これは、月の中で残業が発生することが想定されるので給料に残業代を組み込んでおく、といったシステムになります。(なお、これは合法です)もしも求人に『みなし残業代25時間込』と記載があれば、「記載時間分の残業代を入れれば、この給料です」という話になるわけです。しかし、悪質なブラック系の求人では記載しておくべき『みなし』という言葉がない場合もあるので、気をつけましょう。

詐欺|今では、株・不動産投資の不労所得、もしくは個人経営 といった生き方も社会的に人気を集めています。

今では、株式・不動産投資などの不労所得や独立といった生き方も増えています。そのような移り変わりもあるせいか、「起業することは不安定であぶない」といったこれまでの常識も変わってきています。高度経済成長を遂げている最中には、安定しない株式投資や、個人事業で生きるよりも雇用されて働いているほうが賢明でした。そのため人が生きていくうえで正しい進路として、またそれが当たり前であるかのように、一般の人々に認識されてはいました。しかし、そういった時代は終わり、現代では「成熟期」などと呼ばれます。コンピューターの進化とともに、近い将来では自動化・機械化が顕著になり、仕事で、人の力を不要とする時代が到来する、とも言われています。