転職の意思があるのなら、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。

転職の予定があるのなら、いきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 転職した場所では、いきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。はじめの年は「研修期間」が入っているというのが多いものです。自分の転職では、なんとか手にした仕事なのに、予想と異なり前の職場での稼ぎとあんまりイコールでした。そのうえ、仕事は多様で忙しく、重大な責任が伴うものでもあったので、1年目をクリアするのに本当に苦労しました。そのような実体験から初年度は、仕事を覚える時期として捉え、もっというと転職以前の段階で貯金をして気持ちに余裕をもたせた方が良いと思います。

  • 転職活動を行う上での最後の難問として、現在勤めている会社の退職があげられます。

  • 転職活動において最後にクリアしなければいけない問題として、今勤務している会社の退職があげられます。転職先の企業を見つけても、今いる会社があなたを慰留することもよくあります。そうなってしまった場合、何があっても退職する、という強い意思を持つことが大事です。会社に残るように説得されて、一時的に収まったとしても、一度辞めたいと思った会社は、最終的には辞めることになるでしょう。退職をスムーズに進めるためには、最初に会社の規定に目を通し、退職までに必要となる日数を超過する年月以降の退職日設定と退職届を用意します。そうして、決定権を持つ上司と直接、話し合い、退職を考え直す可能性はありませんと、キッパリと伝えましょう。円満退社を目指すのも転職活動には必要です。